2016年12月 4日 (日)

再演

来年 3月にイオブログのサービス終了で
お引越しをするように 通達がきました。
どこに お引越しをすれば いいのやら・・・?
もう 着々と決めておられる方も~

さて、「秋のミルフィーユコンサート」で
「庭をつくろう」を 朗読、演奏しましたが
来年 再演のお話が 来ました。
嬉しい限りです。 やっぱり仲間の チームワークが 大事。
これがあって 作品が生きます。
お付き合いのあるメンバーたちは 皆さん 優しい。
人生の裏側も みてくださるからです。
周りの友人たちも 同じです。
幸せな 環境にいたと 改めて思います。
さあ、衣装も決めて 頑張ります (⌒▽⌒)!

2016年11月25日 (金)

秋のミルフィーユコンサート

恵みキリスト教会で 絵本と音楽のコラボした コンサートをしました。
絵本のタイトルは 「庭をつくろう!」(ゲルだ・ミューラー作)
荒れ放題の庭のある家に 引っ越してきた一家が
一致団結して 庭を再生させる 物語です。
ジャングルのような庭を お父さん、子供たち、近所の方々
樹のお医者さんなどなど の手を借りて 四季に通じる庭に育てます。
物語のバックや 合間に ピアノやフルート オーボエを入れて
作品にしました。
もう、この会も10年くらい 続けていて メンバーは顔なじみで
アットホームな 和やかな雰囲気で ほっこりします。
終わった後、皆さんと お茶を飲んで
話を 楽しみました。
大事にしたいコンサートです。

2016年11月20日 (日)

クトロウ”ァッツ ピアノ連弾コンサートへ

兄弟のピアノデュオです。
西宮北口の芸術文化センターまで 出向きました。
プログラムだけを 見ていると なんかマニアックで あまり
気乗りはしませんでしたが
聴いて びっくり!
2台のピアノから 出てくる音色は オーケストラそのもの。
深みのある 濁らない 折り重なった響き
そしてダイナミックでしかも繊細な 演奏法など
リピーターになりそうです。
ピアソラを 4曲 山本京子さんの編曲の 楽譜で演奏されて
会場には 京子さんの姿が ありました。
CDを 買ってしまいまして お2人と 京子さんの
サインを 頂きました。
連弾のバイブルだと 思ったのでした。

2016年11月12日 (土)

レッスンから

今日は 土曜日です。
普段は 忙しく働いておられる
お父さんが 会社が休み。
珍しくレッスンに つきあって下さいました。
まだまだ 幼い子供たちなので 初歩の基礎的な部分を
学んでいます。
音価や音の名前、指の番号など~
そんなレッスンを じっくり ご覧いただきました。
20分くらい過ぎると 子供の集中が 途切れてきたので
テキストの歌を 歌って パパも一緒に参加して頂いたり
カードで リズムの練習をして 終わりました。
レッスンの後 お父さんとお母さんと しばし雑談。
あまり詳しくかけませんが 
人それぞれ 特徴があり 兄弟といえども 違う。
その特徴を 知り 人と比べるのではなく 子供と真摯に
向き合う お父さんの姿に 感動しました。
子供への強い愛情を 感じました。
立派だなぁと 失礼ながら思いました。
子供は「人への信頼」をもって 育っていくことでしょう。
このひと時が 忘れられないものになりました。

2016年11月 3日 (木)

篠笛コンサート

ユーベルホールで 井上真美さんの篠笛のコンサートがあり
聴いてきました。
横笛のことですね。
私なんかが 吹くと まず音がでるまでに
1か月くらいかかりそう。
笛1本で 1時間ちょっと 吹き切るのですから
さすが プロ!
日本の楽器で 素材は竹のようです。
西洋の楽器でいうと フルートのような感じです。
音色は 少し違いますが 言葉では言いにくいです。
楽器の説明はなく いきなり音楽でした。
万葉集からの歌=柿本人麻呂 それから大伴家持でしたっけ
の歌に 篠笛の音楽が プロジェクターからの映像と共に流れて
雰囲気が ありました。
低い音から 高音へ アルペジオというのでしょうか~
美しくて 高音は 共鳴していました。
伴奏が シンセサイザーのみだったので
もう少し 変化があってもよかったかなぁ なんて。
人生初の 篠笛でした。 

2016年10月29日 (土)

公開レッスンへ

グレンチェンピアノコンクールの本選課題曲の
公開レッスンがあり 行ってきました。
モデル生が 壇上で課題曲を演奏して それに対して
先生が レッスンするというスタイルです。
指導してくださるのは 久保田 眞子先生
優しい言葉使いで わかりやすかったです。
私だったら こう演奏するという考えが 必要ですと。
指導のはしばしに これは1つの手で、他にも手はあると~
おしゃっていました。
私自身 その手が いくつかあり
迷ってしまう、どうしようかな~と思うことも事実。
テンポ、リズム、その曲のもつ雰囲気など
基本は しっかりとですが 今日の先生のお話で 
まとめなくては と思いました。
実際、コンクールの審査員の評価が 人により 違うことがあります。
3人おられたら ほめてくださる方、反対に辛口の方~
これは その時の運であり 賭けでもあるようです。
自分の考えを 決めたのなら それでいいということですね。
曲の解説や 音楽への姿勢を教えていただき
行ってよかったです。 

2016年10月23日 (日)

地球をまもろう!リレーコンサート

過去4回のチャリティーコンサート」に続き
来年 5月7日、5回目のコンサートを 開催することになりました。
今回も コンサートの余剰金は
あしなが育英会「あしなが東日本大震災遺児支援募金」に
寄付させて頂きます。
そこで 今 出演者を募集しています。
プロ・アマを問わず 音楽をこよなく愛する方で 
「よし!そうか!出演しようではないか」
と思ってくださるかた~お待ちしております。
ちなみに
場所  阪急西宮北口 新響楽器3階 オーパスホール
費用  5000円(10分以内 グループ・個人)
日時  2017年5月7日(日)11時45分開演

歌・合唱・ギター・ピアノ・チェロ・バイオリンなどの楽器演奏
なんでも結構です。
お待ちしております。
よろしくお願い致します。 

2016年10月18日 (火)

変化ありました

長ーく  ある生徒さんの練習状態、心の状態を 観察して
あまりにも やる気のなさに (ここで一発、オロナミンC!
言わなくては!~オロナミンは 関係ないけど)
本人と 今の状態を 話し合いし どうしたらいいのかに
気づいてもらいました。
最近は よく練習して いい仕事をしてくる。
向き合って 集中していることが わかります。
最近の子供は 忙しい。
曜日ごとに お稽古事があり
気持ちを ゆるめてしまうと 「今日は ピアノを
練習しなかった。」と 寝る前に気付くそうです。
「そんな日も あるよ」と 本人が 言うのです。
結局 ながされてしまう~ということらしいです。
なぜ 練習できないのか?どうすればいいのか?
を 考えさせることは 小学校の中学年あたりからは
大切ですね。
お家の方の協力もあり 本人、家族、教師が 同じ考えをもって
望むと いい結果が うまれるのだなあと つくづく思う
今日この頃です。

2016年10月 9日 (日)

ジャズ アレンジ

もう、10月ですね。
早い! この間 暑くって 汗たらたらだったのにね。
お正月ですわ  その前にクリスマスっと。
ぼやぼやしていると どんどん時間が 経ってしまい
そのうち 天国から お迎えが~
それは まだです! 
まだまだ先です。

ジャズのレッスンを うけてきました。
「星影のステラ」「バイバイ ブラックバード」「スカイラーク」を
練習しています。
よーく 転調しますが どの調にいっているのかという
意識が はっきりついたこと、 コードを使って また、コード外
の音を 使ってアレンジできるように なってきたことなど
~ 楽しみが あります。
ルールがあり 音楽のお得な情報が いっぱいです。
この3曲を どう料理しようかな?

2016年10月 2日 (日)

やる気をなくした アヒルの子

もう 何十年とピアノを 勉強しています。
クラシックだったり ジャズだったり~
音楽の仕組みを 知った上で 奏法で弾く。
これが めっちゃ難しい と今でも 思います。
もちろん 未知の分野に入り 出来なかったことが
だんだん 出来ていく喜びったら ありません(これ重要)

ある生徒さん~幼いころは よく練習し 楽しそうでしたが
高学年になるにつれ 音楽への情熱が 感じられず練習も
おぼつかなくて「0うーん、どうしたもんじゃろのう?」と考える私。
(とと姉ちゃん 昨日で終わりましたね)
レッスン終了後、2人でまじめに話し合いました。
なんで?エネルギー不足なのか その理由ですね。
本音を ききだしました。ぼつぼつ いろいろ子供なりに
練習にとりくまない理由を 言ってましたが、「今日の話し合いの
結果を 親御さんに話して 今後 どうするのかを 話しあいなさい」と
言って 帰しました。
すぐに お母様から ☎があり 家でも困っていたとのこと。
なんでも 始めたら じっくりとりこむ ことを約束。なにかあれば
連絡してほしいとのこと。
今の時代では 死語になってしまった 努力するということば
お稽古を 通して体験してほしいし 人生にプラス してほしいです。
さて、どんな風に プラスしていくか 楽しみにしています。