2017年1月29日 (日)

シュムー

シュムー 先日の大雪。
公園で遊びました。足には 赤い靴をはいて 飛びはねます。
おーい、どこ行くの!

2017年1月 3日 (火)

eoブログの終了に伴い
新しいブログに移行します。
新しいブログのアドレスは
http://blog.livedoor.jp/machico_t/
こちらです。
カノンピアノ教室のHPからも行けますので
是非登録してくださいね。

今後ともよろしくお願いします。
         machico

2017年1月 2日 (月)

明けましておめでとうございます。

年末の話で 恐縮です。
大阪の実家に行っておりました。
そのついでに 南に「黒門市場」があり
めったにない体験で その「黒門市場」を散策してしてきました。
ながーい市場の中は 買い物客でいっぱい。
人をかきわけながら 前に足を1歩出すのですが
うろうろしていると 中国語か・・?
日本語ではない 会話を聞いて
外国人観光客の多さに びっくりぽんでした。
店主と 値段の交渉をして 1000円負けてもらい
ふぐを ゲットしました。
こうして 2016年は 終わっていきました。

さて、ここからは「パソコン」の話。
パソコンの構造的なことは ほとんどわかりません。
ほんの一部分しか使えないのです。(じだいおくれやねぇ)
3月のイオブログの終了にあわせて
困ったな と思っていると
強力な助け人 パソコンの先生がお声を かけてくださいました。
このサイトを 作って頂き
今回も 新しいブログの引っ越し先、アーカイブ記事の
処理など 設定して頂き まさに神対応。
有難うございます。
いろんな人に助けられて 生きてまーす。
2017年も よろしくお願い致します。

2016年12月31日 (土)

シュムー

シュムー お久しぶりです。
今日は ママと一緒に大阪に来ました。元気にしています。2016年も お世話になり有難うございました。
あっという間に1年が過ぎました。
皆様、よいおとしをお迎えくださいね。

2016年12月28日 (水)

グレンチェンピアノコンクール

今日、小学校 5・6年生の大阪本選が ありました。
生徒のHちゃんが 出るので行って参りました。
場所は 大阪国際交流センターで 上六の方です。
久しぶりに 近鉄デパートの建物を ちらっと見ました。
こんなことでも なければ めったに行かない所です。
長年 大阪に住んでいるのにね!
ああ~楽しい。
さて、コンクールは 課題曲を1人づつ弾いていくのですが
同じ曲を 40人くらい聴きましたが
皆 それぞれ 演奏が 違いました。
音圧のある演奏、アーティキュレーションが 違う、速度の違いでも
表情が変化しますね。
Hちゃんとは ダイナミクスの違いを はっきり出そうね
音階が スムースになるように練習しようね
ハーモニーの違いを 感じようね
などという 目標を作って レッスンしました。
結果発表まで 待って帰ればいいのですが
「0番 優秀賞、0番・・・」という
アナウンスに 耐えられず(心臓がドキドキ)
お母さんに お任せして いつも帰ってしまうのです。
「銅賞を 頂きました」~と連絡ありました。
銀賞とも 僅差ですね。
審査の先生方の見方や その時の運もありますね。
頑張って練習したHちゃん お疲れ様でした。 

2016年12月18日 (日)

伊藤 仁美先生の講座へ

2日続けて 梅田のカワイへ 朝から行きました。
寒くなると なかなか起きるのが つらいです!
 1日目は 「三善晃先生のピアノ・メソード」のレッスンへ
 2日目は 伊藤仁美先生のポリフォニー音楽の学び方~
 で、主に バッハのインベンションについての講座でした。
10代の頃に インベンションをしましたが 次々とテーマが 右・左と
あらわれて 幾何学的なイメージで 教えられた記憶が あります。
今は 現代のピアノで弾くのですから 十分歌う。
テーマが 転調して 出てくるので 相対音感が 必要ということです。
少しですが 勉強しなおそうと インベンションを携えて 
レッスンに通い 先生のおっしゃることがドンピシャで よくわかりました。 
ギロックも バロック音楽を 書いていたり バッハのフランス組曲の
ガボットなど から 生徒さんに アプローチしてもいいと おしゃっていました。
生徒さんには 「プレ・インベンション] や 「こどものバッハ」を
与えて 練習して頂いていますが 
バロック音楽という 区分もなく
自然に受け入れているのが いいなと 思っています。
バッハを聴くと 気持ちが安定します。
さらに 勉強したいです。

2016年12月11日 (日)

ソルフェージュ

先日、小学校の2年生の H君のお母さんが 来られました。
H君のレッスンの お迎えでした。
レッスンが 終わって お母さんと お話をしていると
音楽のテストが 学校であり 先生が弾く ピアノの音を
とれるのは クラスで Hくんだけだった とのこと。
幼稚園の年中さんから お預かりして
そういえば ステップして リズム遊びを したり
「ド」を 歌いましょう~にはじまって 音感遊びを
やったなぁ~と思い出しました。
最初にピアノのレッスンをして 集中が 切れたころに
そんなことをしていました。
演奏に結び付くことです。
幼少期は 個性が あって 一律同じレッスンは できませんが
来年度は 体系的に考えて 取り入れよう と思っています。

2016年12月 4日 (日)

再演

来年 3月にイオブログのサービス終了で
お引越しをするように 通達がきました。
どこに お引越しをすれば いいのやら・・・?
もう 着々と決めておられる方も~

さて、「秋のミルフィーユコンサート」で
「庭をつくろう」を 朗読、演奏しましたが
来年 再演のお話が 来ました。
嬉しい限りです。 やっぱり仲間の チームワークが 大事。
これがあって 作品が生きます。
お付き合いのあるメンバーたちは 皆さん 優しい。
人生の裏側も みてくださるからです。
周りの友人たちも 同じです。
幸せな 環境にいたと 改めて思います。
さあ、衣装も決めて 頑張ります (⌒▽⌒)!

2016年11月25日 (金)

秋のミルフィーユコンサート

恵みキリスト教会で 絵本と音楽のコラボした コンサートをしました。
絵本のタイトルは 「庭をつくろう!」(ゲルだ・ミューラー作)
荒れ放題の庭のある家に 引っ越してきた一家が
一致団結して 庭を再生させる 物語です。
ジャングルのような庭を お父さん、子供たち、近所の方々
樹のお医者さんなどなど の手を借りて 四季に通じる庭に育てます。
物語のバックや 合間に ピアノやフルート オーボエを入れて
作品にしました。
もう、この会も10年くらい 続けていて メンバーは顔なじみで
アットホームな 和やかな雰囲気で ほっこりします。
終わった後、皆さんと お茶を飲んで
話を 楽しみました。
大事にしたいコンサートです。

2016年11月20日 (日)

クトロウ”ァッツ ピアノ連弾コンサートへ

兄弟のピアノデュオです。
西宮北口の芸術文化センターまで 出向きました。
プログラムだけを 見ていると なんかマニアックで あまり
気乗りはしませんでしたが
聴いて びっくり!
2台のピアノから 出てくる音色は オーケストラそのもの。
深みのある 濁らない 折り重なった響き
そしてダイナミックでしかも繊細な 演奏法など
リピーターになりそうです。
ピアソラを 4曲 山本京子さんの編曲の 楽譜で演奏されて
会場には 京子さんの姿が ありました。
CDを 買ってしまいまして お2人と 京子さんの
サインを 頂きました。
連弾のバイブルだと 思ったのでした。